2017-01-11から1日間の記事一覧

リングの上、期待とお祭りの熱気

期待されるのが好きな性質ではない。変に力みすぎてしまうし、期待されるほどの人間じゃあないと現実的になってしまって、ペースが崩れてしまう。 リングに上がってしまえば、観客は好き勝手にやっている。ちょっとしたお祭りの余興になっているのであって、…

みかんに名前を書くことと、ご自由にお持ちください

著作権は、机の上に置いておいたみかんを、誰かが食っても追及できるように名前を書く行為だと思う。一円の価値もなくとも、形がなくとも、奪われたなら財産を盗まれたことと同じだ。 まあパブリックドメインでも、人格権は保証されているから、悪意ある改変…

答えがないなんてない

答えがないということは、考えついたことのすべてが答えか、あるいは考えられる手が膨大すぎて安易に答えが見つからないということを、簡単に言ったのだと思う。 正直によりよい答えを追うことは、よっぽど興味があって、苦も無くて、時間的、金銭的、肉体的…

学ぶことの意義と、見て学ぶ

浅はかだったから、ある問題が大きな壁に見えて、悩みの種に見えてしまうことがある。そういう想像力を養うために、勉強というものをしているのではないかと思うようになった。 エモーショナルディスクロージャ、つまり悩み事は書いてみようという話がある。…

ファンタジーも実験だ

小説も、実験のようなものだと思う。全部そうだとは言わないが、この人はこう動くだろう、こっちはこうだろう、というなるたけリアルな造形をした駒を使って、全く知らないこと、まだわからないこと、ファンタジックなボードの上で動かしてみるとどうなるか…

レールを敷く、自由と呼ばれること

昔は、職業、なりふり、あり方、実績などへカミナリを落とされることが多かったという。その人の常識というレールを敷かれ、それを走れと言われるようなことだ。 最近はずいぶん考え方が自由になってきた。人がレールを敷くのが収まった。しかしそれは自由で…

批判のジャガイモ

もうひとつ、ノートから転記してみます。慎重になっているのは、適当に考えることまでコンテンツにして流すと、私はよくても人には良くないかもしれない、吟味するもの、しなくていいもの――そんなものはないが、ノートに比べれば――を混ぜ込ませるのはわたし…

技術の地平線

個人用のノートに使っているブログからひとつ転記してみて、居心地を確かめることにします。 技術とは、補助輪というか、猫の手というか、手助けをしてくれるものだけれど、早いうちに事を終わらせられるようになって、今まで足元しか見られなかったのを、ず…

生存報告等

まったくだれも知らんと思うし、知りたくもないでしょうが、自分の罪悪感を軽くするために生存報告と言うものをこしらえさせてください。 最近は別のブログを開設して活動していますというような話。