Thinking

教育者特有の疑念を晴らす

教育者としていくつかあるだろう疑念について、ゲタの履かせ方、パターンにはめていないか、否定してよいのかについていくつか考えを書いておきます。 毎回長ったらしくて回りくどいので先に内容を伝えておきますが、先ほどの主題についての答えはすべて『問…

『なぜ勉強するのか?』を考える

そんな疑問思いつく時点で失格とか言われかねませんが、なぜ勉強しなければならないのか? を考えてみます。 長いので要約すると、『わからない』ということになります。

旅の道具と知識は持てる分だけ

旅の道具はリュックサックに入れて背負える分くらいしか持てませんが、知識もそんなものだよなという話です。 このテーマで想起されるいくつかを書きました。 それではいってみましょう。

ナルシスト或いは完璧主義は矯正すべきではない

ナルシストや完璧主義は、たびたび解消すべきものとして槍玉にあげられやすいのですが、そうではなくて…という話をします。 もったいぶらずに結論から出しますと、『ナルシストも完璧主義もうまく利用すればいいエンジンだ』というものです。 それではいって…

博識になりたいのなら謙虚たれ

またぞろクソ長い文章を書いたので要約しますと、『たくさん物事を知りたいなら、謙虚はいい指標だ』みたいな話です。興味があれば。 それでは行ってみましょう。 そもそも謙虚とは何でしょう。端に立って縮こまることですか?それとも他人を気遣う姿勢?人…

インターネット、百科事典の立ち位置

インターネットだけの知識じゃだめだよみたいな話があるとムっとしますが、実は少し前にもありましたよみたいな話です。 長くなりそうなので先に要点を言っておくと、「百科事典は窓口だから広いけど浅いよ」ということです。 それでは行ってみましょう。

決断についていくつかの考察

どっちとも選び難い問題を考えていたら思いついたことがあったので、書きます。また2000文字とか書いているので要約すると、「どっちがいいかわかんなきゃ、どっちでもいいのさ」みたいな内容です。 少し前にも似たようなことを書いたかもしれません。「さて…

本書きの技術

物語というのはあまり書いたことがなかったので、ちょんびり挑戦してみています。やったことがないので、発見したことが新鮮に思えてたまらないので、記録しました。 気付いたといっても、理解や記憶、行動が大事だなあという平凡な話です。興味があれば。

悩ましきトラベラーズノート

レギュラーサイズのトラベラーズノートユーザなのですが、イケメンなんだけど持ち歩きづらいんだっていうグチのつもりだったのですが、文具の使い方紹介的な。

二次創作のすすめ

二次創作ってなにがええねんって話。 まあ、話が広げやすいですよね。二次。キャラクターづくりとか、描写とか、設定とか、だいたい一次で出来上がってるんで、わざわざ説明しなおす必要がないし、物語上設定を変えたほうがいいだろうと思えば、その部分だけ…

『七胴落とし』感想

七胴落とし (ハヤカワ文庫 JA 167) 作者: 神林長平 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1986/07 メディア: 文庫 クリック: 23回 この商品を含むブログ (64件) を見る 感応力という大人になるとぱたりと失ってしまう、想像したこと、精神がホログラムのように…

リングの上、期待とお祭りの熱気

期待されるのが好きな性質ではない。変に力みすぎてしまうし、期待されるほどの人間じゃあないと現実的になってしまって、ペースが崩れてしまう。 リングに上がってしまえば、観客は好き勝手にやっている。ちょっとしたお祭りの余興になっているのであって、…

みかんに名前を書くことと、ご自由にお持ちください

著作権は、机の上に置いておいたみかんを、誰かが食っても追及できるように名前を書く行為だと思う。一円の価値もなくとも、形がなくとも、奪われたなら財産を盗まれたことと同じだ。 まあパブリックドメインでも、人格権は保証されているから、悪意ある改変…

答えがないなんてない

答えがないということは、考えついたことのすべてが答えか、あるいは考えられる手が膨大すぎて安易に答えが見つからないということを、簡単に言ったのだと思う。 正直によりよい答えを追うことは、よっぽど興味があって、苦も無くて、時間的、金銭的、肉体的…

学ぶことの意義と、見て学ぶ

浅はかだったから、ある問題が大きな壁に見えて、悩みの種に見えてしまうことがある。そういう想像力を養うために、勉強というものをしているのではないかと思うようになった。 エモーショナルディスクロージャ、つまり悩み事は書いてみようという話がある。…

ファンタジーも実験だ

小説も、実験のようなものだと思う。全部そうだとは言わないが、この人はこう動くだろう、こっちはこうだろう、というなるたけリアルな造形をした駒を使って、全く知らないこと、まだわからないこと、ファンタジックなボードの上で動かしてみるとどうなるか…

レールを敷く、自由と呼ばれること

昔は、職業、なりふり、あり方、実績などへカミナリを落とされることが多かったという。その人の常識というレールを敷かれ、それを走れと言われるようなことだ。 最近はずいぶん考え方が自由になってきた。人がレールを敷くのが収まった。しかしそれは自由で…

批判のジャガイモ

もうひとつ、ノートから転記してみます。慎重になっているのは、適当に考えることまでコンテンツにして流すと、私はよくても人には良くないかもしれない、吟味するもの、しなくていいもの――そんなものはないが、ノートに比べれば――を混ぜ込ませるのはわたし…

技術の地平線

個人用のノートに使っているブログからひとつ転記してみて、居心地を確かめることにします。 技術とは、補助輪というか、猫の手というか、手助けをしてくれるものだけれど、早いうちに事を終わらせられるようになって、今まで足元しか見られなかったのを、ず…

世のため人のための倫理観

かつてダイナマイトを作り、鉱山開発を圧倒的に簡単にした偉大なる科学者、ノーベル。そのダイナマイトの威力に着目し、戦争に転用され、ここでも大活躍。しかしノーベルは、自分の技術で大勢を殺してしまった。 ノーベルの逸話は有名すぎるほどに有名です。…

現状に満足できないけど時間も教養もないとき

服飾関連、立体芸術系、ヘアスタイルとかだと特にですが、現状の出来に満足していなくたって、レベルアップしようとすると、お金も時間も溶ける溶ける。 ただ、そういう投資は、どんどんしていこうというようなお話です。今回は喜劇を読んだ後なので、読み物…

やりたくないことをやるために

『やりたくないことをやるためにはやればよい』というような話です。これだけだと脳筋なので、この周辺のことの考えを深めてみましょう。

心が急いているときは

心が急いているときは、ヘタに焦って転ばないために、どうすればいいでしょう? 考えてみることとします。

ぐんぐんぐうたらどこまでも

成長することはいいことかもしれませんが、ただ好きなテレビ番組を見てごろごろぐうたらするという、成長しないことは果たして悪いことなのでしょうか? あてのない狩りに出かけてみたいと思っています。

どこまでの臆病者

わたしは臆病なので、という言い方をすることがあるのですけれど、別にマゾというわけでもなく、ニヒリズムな痛い子というわけでなく、『どこまでの』臆病という考えをしているからです。

メモをとる意義

健康好きの人に勧められて、というより、わたしはどうにも不摂生らしいのがばれて、気にかけられているのですが、温めたスポーツドリンクが体に良いという話なので、試しに飲んでみています。スポーツドリンクは体に吸収されやすいとか、色々健康にいいとい…

旅と、旅の途中について

冬頃の寒い旅についての話です。いつもと違う趣向で書いてあるので、ちょっとおもしろいかも、と言うか書いてて面白かっただけなのですけれど…。 ついでに、思い起こしたのでフレーム問題にも触れます。

2016年ゲームの旅

ゲームの趣味はわりと『おめでた』な性質です。任信なのにやりこみが好きです。こう、ローンチタイトルのラインナップが好きというか、ファンシーなのが好きというか、昔からこればっかやってたので馴染み深いというか、なんとなーく。 でも、周りの人の『好…

止め時なんてわかるかって

わたしは、生きるのがヘタだと思っております。 そのへんゆるりと書こうと。

たのしい『ムカつくコメント』のよみかた

むかつくコメントを頂戴することって世の中いくらでもありますけど、「ああ、この人はかわいそうな人なんだな」ってなる人相当キレてるよな問題。ここからいろいろと広げてみましょう。