あつくてとけそう

ここのところ暑いですね。ひと足早く夏が来ているそうです。こうも暑いとスーパーカップが食べたいなあ。そこから書き始めて広げてみることにします。

 

ところで、アイスはスーパーカップ派なのですが、母の受け売りみたいなとこがあります。食べ物にはこれといって好き嫌いがありませんで、ひとまず家でよく出てくるたべものが好き、ということにしてあります。

ただ、好きかどうかに関わらず、母が買ってくるアイスは六個入ってるスーパーカップが多かった気がします。我が家のおやつは年中アイスだったので、姉と取り合いになったり、夜中帰ってくる父に食べられたりと、『事件』に遭遇することも多く、今でもアイスのコーナーに並ぶと真っ先に目に入ります。

当時は姉お手製の『アイスぶくろ』からアイスを取り出してパクついていた夕方ですが、兄弟みんなすっかり育ってしまって、母の飲む緑茶やらを頂戴しているおやつどきです。

 

緑茶といえば、今飲んでいるのは静岡のものだそうで、どことなく透き通ったような、明るい色をしています。先の通り、食べ物には好き嫌いがないので、たとえお茶っ葉でドロドロになったやつだろうが、蒸らし忘れてなんとなく残念な色をしたやつだろうが平気で飲んでしまうのですが、やっぱりお茶は透き通って、それでいてお茶っ葉があまり沈んでいないほうがいいですね。のどがイガイガしませんから。でも、湯呑に沈んだお茶の粉を飲むとのどにはさておき健康にはいいそうです。静岡は伊東のホテルで聞きました。

 

静岡で思い出しましたが、旅行では伊東とか熱海とかが好きです。あそこは林間学校と臨海学校が同時にできるんじゃないかってくらいの地形で、砂浜をはさんで海と山、平野は山の向こう側。とても変化に富んでいます。海と山を同時に見ながら、山菜と魚が同居するディナーを食べつ、温泉とプールを交互にいったりきたりするわけで、それはもう豪奢なものです。山から平野の町が近いわ、物価が安いわ、ジャンプが土曜日に出てる店もあるわで、街としても面白い土地でした。あとナゾの海辺のしまむら。あれは本当にどうしてあんな立地なのか…。

おとなりの箱根だとこうは行きませんね。ふもとの漁港からトラックで魚を運ぶので魚こそ新鮮ですけど、物価は高けりゃジャンプはヘタすると水曜日です。山の上で買えるスペアリブが激ウマってところ以外は、あまり好きではないです。なによりしまむらは御殿場か小田原かに降りないと無いってくらいで、ファッション費はガソリン代も込みになりますし、観光地で麦わら帽子を被りたくなる症候群のわたしにはつらかった…。ご当地キャラだったかのボザッピィが得も言われぬ可愛さで、キャラクター方面には恵まれてるんですけどね。

今年の連休には伊東、伊豆、熱海、熱川、どうぞよろしく。

 

 

 

ていう具合で、思いつくまま書く中身のないブログです。

内容は日常からテクノロジまで、ゆるゆる毎週どっかしら。お付き合いくだされば。