読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群雄割拠のノート道はいずこ

一番いいノートの書き方ってなんぞやみたいな記事です。

自分でも思いましたが、手段や方法は関係なく、問題なのはナカミです。フォーマットは諸団体ごと設定されてるやつで十分だと思いますが、それでもせっかく使うのだから、自分で考えてみたいという記事です。

このブログによくあることなので先に言っておきますが、特にいいやつはまだ思いついてません。

 

文房具とかノートの類はそこそこ好きなので、トラベラーズノートとかハイカラなやつもそれなりにかじっています。ただあのハイカラ野郎、リフィルが400円とかしやがってくれてしまうのと、入手性が悪いんですよね。安く、かつどこでも入手するには、A5ノートを裁断するか、A4用紙を折って1/3に裁断するかしかないのですが、裁断機も裁断機でそこそこの値段してくれるので、いっそのこと研いだ包丁あたりでぶったぎってやろうかとわたしのトラベラーズノート人生はだんだんと迷走してきました。

トラベラーズノートのリフィルを用意するのに包丁でノートを裁断する荒唐無稽な輩は多分わたしくらいなものでしょうが、ノートの消費量が見合ってないのが問題なのです。入手性と値段、あるいは作る手間から言って、一日でリフィルを溶かすような人が使うというよりは、ちょびりちょびり使う人向けのようです。そういう人には、修理ができて長く使えて、カスタマイズもいろいろできて、とにかく楽しいノートだと思います。実際リフィルの値段以外は気に入っています。わたし自身、予定管理するモレスキンも、すぐ捨てるメモ用紙も、記録するためのノートも、トラベラーズノートに一気にまとまったときには感動しました。カスタマイズできるというのはなんとも便利なものです。リフィル二冊に予定管理と称したチラシの裏をはさみこむスタイルで作業環境が一緒くたに運べるから最高なんですよね。他にも単語帳っていうんでしたっけ?リングがついた細長い紙束も持ち歩いているので、まだ完全に一元化できていないぶんトラベラーズノート道はあと何回か進化を残しています。まあ、金銭的問題を解決できたら、いずれまた触れることになるでしょう。A4三つ折りノートが5冊300円くらいになったら教えてください。

 

 

トラベラーズノート道が今のかたちになったのは、それを買う以前の情報整理の方法にさかのぼります。

その当時、わたしはナカバヤシのロジカルノートと、コピー用紙を使っていました。計算用紙なり、アイデア出しなりに山ほど使うので、ロジカルだけで生活すると一週間とかでノートが溶けます。コピー用紙だったら500枚とか入っているために買いなおさなくて済むので、残す情報・残さない情報でロジカルかコピー用紙かどちらかを選ぶ使い方になりました。

それはトラベラーズノートの使い方にも引き継がれていて、リフィルを二冊挟んで、片方は残す用、もう片方は残さない用にしました。

日記なり、オートマティスムなり、スピード重視で編集もバリバリキメていくような使い方はデジタルが似合うので、Evernoteを使っています。先の情報を残す残さないの考え方は、Evernoteの使い方も変えてくれました。

f:id:yukk_laz:20160505112158p:plain

Archiveには後々も使うだろうノート、Bundleは読み返すことはそうないけれどもったいないので残すノート、CheckItにはいずれゴミになるけどとりあえず近いうちは使うノート、というイメージです。ポータブルな機械を持ち合わせていないのと、ペンで書く使い方が多いのでタブレットの液晶が消耗品レベルという量でものを書くので、ゾウに踏まれても大丈夫なタブレットが出るまでは、デジタルに移行するのはまだまだ難しそうです。そんなタブレットが出たらお教えください。

 

 

トラベラーズノートは高い、デジタルは壊れる、やはり今、わたしが極めるべくはコピー用紙道なのでしょう。ノートやルーズリーフは1.5円/枚、トラベラーズノートは6.0円/枚くらいなのですけど、コピー用紙は0.3円/枚なんです。価格革命です。

幸い、いろんなノートや書き方を渡り歩いたことで、情報を整理するノウハウはありますから、自身満々でコピー用紙の新しい使い方を考え始めました。

目指すは、コピー用紙を使って、記録するべき情報、しないべき情報を分けて記述し、それら作業環境を一緒くたにもっていける方法…!

 

……

 

今のところ、クリップボードで持ち歩いて、あとで見返す紙たちはまとめてホッチキスしてますけど、まだ何か貧乏くさいというか、まとまってない感じがするというか、違和感のある日々を送っています。なにより持ち運ぶには大きすぎる。そういう物理的不便さだけじゃなくて、なんというか、ああ!ああ!みたいな、こう、言葉にならない不快さがまだありやして。コピー用紙道の道はまだ長そうです。こちらも進捗があればいずれ。

 

 

 

追記 2016 05 05

『あとから利用する・しない情報の分け方』と今回の記事で言及した内容は、ストック情報とフロー情報というビジネス界の情報の区分と近いものだったようです。もとは、辞書とニュースくらいな違いらしいのですが、というかもっと辿っていくと経済用語らしいのですが、情報整理にも使える概念だそうで。このあたりから情報を得つつ、コピー用紙道を模索することにします。