はてブロの上にあるメニューとか記事一覧とかが出てこないときは

Aviraというセキュリティソフトを入れていると、Avira Browser Safetyというのが自動でブラウザにインストールされますが、そいつがはてブロの表示を邪魔してしまうようです。私の場合は、Chromeにて問題が発生しましたが、FireFoxでもInternetExplorerでも、Aviraに対応していれば起きると思います。

 

f:id:yukk_laz:20161013181935p:plain

こいつとかです。消えちゃいます。ヘッダーというんでしょうか?

 

ページそのものにないデータを別のページからひっぱってくるようなもの、例えば今回のヘッダーや、編集画面側の記事一覧などは一括で消えちゃいます。

 

対処法

f:id:yukk_laz:20161013182019p:plain

表示がおかしいページを表示したまま、ブラウザの拡張機能の欄、あるいはツールバー上にAvira Browser Safetyというアイコンがあると思うのでクリックしますと、Trackersという欄に、『Hatena』というトラッカーがブロックされているのがわかります。

画像のようにブロックを切って、『Apply to all websites*1』をクリックすればOKです。無事に戻ってきました。

 

検証していないのでわかりませんが、トラッカーをはじくようなもの、セキュリティソフトの拡張機能か広告を切るような拡張機能、それから新しい機能に対応していない古いブラウザーなどでも同様にメニューが出ないと思われます。どれも、更新するなり、拡張内にそれっぽい設定があるはずなので覗いてみてください。

 

なぜこの解決に至ったか

こういう記事には、解法があったほうがいいよ、とメリケン志向なはてなーが言っていたので、書くことにします。

今回のような問題を解決する場合、複数のブラウザーで検証をすると原因を突き止めやすいです。

私の場合、Chrome Canaryで起きたので、南無三今回のアップデートは不作かとChromeに戻し、こちらでも消えているのでおかしいぞ…?と思って、とりあえずググって、情報がなかったのではてなの不具合情報をあたり、結局前に動いていたEdgeに戻して、Chromeに問題があることを突き止め、しかしChromeは安定版で問題が出ることはまずないので、それっぽい拡張はあったかな、というところで、Aviraまで到達しました。で、ググっても情報が出なかったのを受けて、とりあえず記事に書きました。

考えてみると、セキュリティが問題を起こすのも自然ですよね。誤検出とか、よく聞きますしね。検出できないより、誤検出するくらい敏感なほうがいいのですから、さもありなん。

 

考察

たぶん、はてな側はアナリティクスとかの作り方を応用して組み込んだんだと思われます。Web屋ではないので詳しいことはわかりませんが。そしてそういう技術は、違法サイトなどでは悪さ*2『も』可能なので、万が一があってもアレだし一括して守っておこう、というAvira側の設計思想とちょうどコッツンしたんだと思われます。

ありますよね。グレー*3な技術のほうが実装がスムーズみたいな。C#のunsafeとか、C++のポインタとか。するってえと、はてなの技術者は結構、技術レベルが高いのかしら。それともC++かなにかで黒魔術錬成の心得があったのかしら。

まあはてなの技術レベルはさておき、Webの表示がおかしかったらセキュリティ関連を疑おう、という手札を加えておきましょう。

 

そんなかんじです。

*1:すべてのサイトで許可するの意

*2:大概は閲覧履歴など、悪用『も』できるものをスッパ抜けること

*3:法的にではなく、低級言語的に