読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまでの臆病者

わたしは臆病なので、という言い方をすることがあるのですけれど、別にマゾというわけでもなく、ニヒリズムな痛い子というわけでなく、『どこまでの』臆病という考えをしているからです。

 

 

終わりのないことって、往々にしてあります。どこまでの目標を設定したとして、その次のステップはいくらでも用意されていて、限りない。どこかまで達成したと、満足して、次に進むのやめてしまったら、そこまでの臆病者。

焚き付けるものがなければならない、そうしなければどうしようもない壁というものがあります。めったに使うことはないかもしれませんが、力技を何度も続けなければならない、しかし失敗することはない、強いのではない、シンプルにやるかやめるかしか選択肢に絡んでこない、難敵。限界というのは果てしないもので、それを前にコンスタントにあるき続けられるかという、我慢比べ、チキンレース

努力は必ず報われるとはいいますが、報われるまで努力ができるからこそ、その人は報われるのです。この手のことはいっそのこと、報われることなんてないと、おぼろげな希望なんて端から捨てて、えいえい行軍するほうがいいのかもしれません。というより、霧の晴れない間、希望など抱けなくなってしまうことがあるのだということを、思い出すべきなのです。

まず第一、大きな壁を前にして、必要以上に、つまりここに書いたように、大きく思う必要はありません。小さいと思わなければ、やってられないということもあるでしょう。

 

どうしようもなく平坦で、楽しむ方法はあらかたやりつくしてしまうと、楽しさが原動力であった人はそこまでになってしまいます。走って、体を動かして、楽しくないことなんて忘れてしまって、さっさと平坦な道が終わるまで行ってしまったほうがいいこともあります。長旅を前に、火を焚いてどっしりと我慢強く耐えるだけでも、その近くにいようとするだけで、発想が転がってくることもあります。

そういう、忍耐が試される場面でどうするかは人それぞれですし、そもそも試されることさえないかもしれませんが、もしそうなったら、楽しむ以外のカードも必要になります。

 

どんなカードがあるでしょう?

壁、障害の大きさを前にして、尻尾を巻いて逃げ出したくなったとしたら、その恐怖をいなす方法を。わたしの場合は、打ち破る勇気というよりも、怖さが目をそらすまで待つのと、目を離した瞬間に飛び出すのが好みです。目を離した瞬間に、というのは、それはそれで踏ん切りが重要で、一歩踏み出すぞと思ったら、後先考えずに走りきってしまうまで目をつぶるくらいの勢いです。だからですかね、いちいち無理すっからそういうことをするたびに、腰が重くなるばっかりなのは。

腰が重くなる理由を考えるように、何かをしたら、どういう感情を覚えるのか、ある程度検討をつけることはできませんか?『甘いものが好きだ。ケーキを食べる。きっと最高の気持ちになるだろう』とか、『怒られるのは嫌いだ。悪いことがバレた。きっと嫌な気持ちになるだろう』とか、くだらないことでもいいので、起こりうること、まして自分がどう考えるかは、それなりに長いことやってきている体ですから、自分のことのように…というか自分ですけど…わかるはずです。予測してみて、疲れないように、できれば楽しくなるように、歩をすすめるようにしていくのもカードのひとつです。

粘りすぎているときに、粘らないようにするのもひとつです。スプラトゥーンのギアを考察するのに丸々一年かけて、その間一回も戦いませんでしたなんてのは、別にそれで得るものがたくさんあるのはわかりますが、そんなことやってたらSwitch出ちゃいますし、戦いで重要とは言えそれが本質ではないので、粘るべきではありません。本当に粘るべくはプレイヤースキルを上げる面ですから、その下準備のために全力投球するべきではありません。プログラミングをはじめてやろうというとき、いきなり英語の勉強からはじめるのと一緒です。別に悪くはないですが、英語なんか読めなくても、abcさえわかれば十分で、どうしても気になれば辞書を引っ張ればそれで十分じゃあないでしょうか。もちろん、興味があるものをやるにこしたことはないのですが、興味を持ったのがプログラミングで、スプラトゥーンでの強さなら、一番時間を割くべきことは、英語でもギアパワーでもありません。ただ、このカードの危険さは、階段を二段飛ばしにしたくなってくることで、それもそれでコケたりするので一長一短です。まあ体力管理の一環として。

そういえば、ニーチェの『ツァラトゥストラ』は、そういう我慢が必要なことについてのヒントが多彩なので、ひとつ面白い本かと。解釈をどうとるべきなのか知らないので、本当にそういうヒントが書いてある、と読んだ私が無粋なだけかもしれませんが。それなりに読みやすい本なのでおすすめ。メダウォー卿じゃないですけど、本は自分が気にしていることが浮かび上がってくるものですから、とりあえずページをめくってみると何か発見があるかもしれないし、ないかもしれないけれど、少なくともわたしがそういうことを気にしているときに浮かび上がってきたので、勧める理由としてはそれで十分なのかなと。

 

ここのところ、似たような記事ばかり書いているように思います。ローマのやつとか、ナワバリバトルのやつとかです。ここで立ち止まっても、これ以上大きなものが得られるとも思えないので、そろそろ次のステップに進みたいところですが、次のステップに至る発想がやってくるかなんて、操作できませんしね。

もしかして、操作できたりするのかしらん。

そんな感じです。