【東方Vocal/FELT】World Around Us 邦訳

 

カッコいい東方Vocalアレンジャーというと、FELTって感じがします。なんか勇ましい単語がちょくちょく耳に入ってくるので、前から気になっていたWorld Around Usを翻訳してみました。

日本語の着想を英語にのせて、わたしがそれを日本語に戻すとかいうエキサイト先生ごっこもいいとこな気がしますが。

 

 

In the starlight, in the night sky, in the moonlight...
星の降る、深い夜の、月明りの下
Into your eyes, soft and glowing, kisses and sighs...
あなたの瞳へと、柔らかく素敵な、口づけと息吹を

A simple, little moment, so rare as time.
何気ない瞬き、かけがえのない時
We've put it in the past and realized
そんなたくさんの一瞬が 過ぎ去って気づいたの
The things that every day just fly on by
飛ぶように過ぎ行く毎日など
Stay the same... I know they're all just lies.
すべて同じ… すべて嘘なのだと

And where did you think you'd go?
どこに行こうというの
There's no way to stay away from it.
逃げることなんてできないのに
Let me hold you close and warm.
もっと近くにきて私を温めて
The truth might come in forms of a simple kiss.
真実なんて たった一度のキスでも訪れてしまうのよ

The world we see around us... is it happiness?
わたしの目に映る世界は 幸せでしょうか
We change, we live, we try to get on through.
変えて 生きて 乗り越えてみせましょう
The heart, so strong and gentle, in its loneliness
強く 義しい心で それは孤独ながらも
We realize the truth and in this life...
この目で真実を 生まれた意味を知るために

A neverending wonder of destiny.
終わりなき運命の奇跡
The lights up in the sky, a mystery.
空は明るく照らされる 神秘と同じように
So take me by the hand, stay by my side.
だから手を取って わたしのそばにいて
Feel the flow and try to hold on me.
溢れる想いにわたしが流されないように

Wherever I turn and stare
たとえどこで迷っていようとも
The words that remain on my lips.
言葉はのどから出てこないまま
A moment to cherish this...
この一瞬を抱きしめるあまりに
Our feelings always speak through our fingertips.
わたしの意識は同じところをぐるぐる回る

We live inside a world where there's no escape.
出口のない迷路に囚われて
We live our lives in lasting solitude.
いつも一人きりでもがいた
An instance in a lifetime is too short to cry.
涙を流すには、ひとの一生などあまりにも短いの
The morning light has come within this life.
命を照らす朝の光はもうやってきているのだから

The world we see around us... is it happiness?
わたしが見渡す世界は 幸せでしょうか
We change, we live, we try to get on through.
変えて 生きて 前に進もう
The heart, so strong and gentle, yet it can't decide.
心は勇ましく 義しく まだ覚悟はできていないけれど
We realize the truth and in this life...
この目で真実を 生きる意味を知るために

 

雪は解けてしまう儚いものですが、その泡沫を人生になぞらえているのかな?と解釈。この曲が収録されているのも『Stand Up』ですし、寒いは孤独のメタファーっぽいですし、決意満ち満ちた感じで書いたら、マッチョでイケメンな雪模様になってしまいました。こういうのを魔改造と言います。

外人の詩と違って、日本の詩は一本のストーリーに沿っていたりするので、流れを意識するのは悪くないと思うんですがねえ。

異国語で、かつ詩なので、これ!と決めつけるわけではありません。こういう話にも見えない?という提案です。気になったら、れっつ邦訳。

 

音楽にせよ、芸術にせよ、表現の世界というのは格好いいものです。そういうところにいろんな感情を乗せて、喋ってもないのに問いかけてくる感覚。

 

そんなかんじです。