読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生存報告等

まったくだれも知らんと思うし、知りたくもないでしょうが、自分の罪悪感を軽くするために生存報告と言うものをこしらえさせてください。

最近は別のブログを開設して活動していますというような話。

 

 

先の通りですが、別のブログをTumblrで開設して、そこで更新しまくっていて、死んだわけではありません。

 

f:id:yukk_laz:20170111011250p:plain

nitoli.tumblr.com

 

アイコンも色違いなだけで、内容もだいたい一緒なのですが、これはわたしがポっと思いついたことを走り書きして、腐らなかったものを綺麗に書き直して置いておく、個人用のノートなのです。

パソコンで書けた方がいろいろと便利だろうと思ったのですが、Tumblr気になってたし、書いておいて死蔵するのもなんだかなと思ったので、ノートを公開してしまうことにしました。

タテハ文庫堂で書いている内容とも、普段のふざけちらしたTwitterとも違う、なんでさらしたのコレ?っていう、内容も出所もメチャクチャな妄想文を、わたしがノートに書くのと同じ通りにちょこちょこっと書いています。

 

タテハ文庫堂という、このはてなに置いてあるブログは、書きたい波がやってきたときにノートを取り出してきて、それに肉をつけて書いています。エビデンスが不完全だったりするものもあるので、肉をつけながら膨らませて、よい落としどころを見つけたらノートに転記してを繰り返す、自動書記、オートマティスムのための土壌というわけです。思いつくままに書くということは、スッキリするということを知ったというのも大きいですね。

人に宛てて書く、というだけで随分考えが整理されるもので、しかもある程度まとまった形になると自分もこれで保存できたと満足してしまうので、ノートを公開してみてからというもの、タテハ文庫堂を更新せずとも満足していた、というのが更新していなかった理由になります。

 

Tumblrはインスタみたいな部分があって、なんか場違いな感じを覚えます。だからそのうち、あのブログをここに移転することになるかもしれませんし、あるいは結局妄想だからと自分のアナログノートの中に戻るかもしれません。

ただ、このブログはこれでも文字をいっぱい使って、配慮している、少なくとも向こうのブログの惨状よかぐーんとマシに書いているつもりなので、そんなぶっきらぼうなものをこっちに移してきていいのかなあとか思ってみたりします。

まあ、ひとしきり悩んだらそのうちまた更新をしますので、そのときにまた。

 

そんな感じ。

広告を非表示にする