悩ましきトラベラーズノート

レギュラーサイズのトラベラーズノートユーザなのですが、イケメンなんだけど持ち歩きづらいんだっていうグチのつもりだったのですが、文具の使い方紹介的な。

 

 

突然ですが、測量野帳はすごいやつです。私はセ-Y1を使ってるのですが、製本がいい、カバーがいい、レベルの感じがいい、箔押しがいい、紙がいい、サイズがいい、ゴムがないのも手軽でいい。罫線が好きなのでレベルなのですが、タテ罫線は無視してます。検索性が乏しいのは記憶でカバー。

赤色で今後の予定を書き、黒色で思いついたことメモを書き、作業メモとしてバッチリの働きをしてくれるように工夫もしました。普段胸に挿してるペンがシャーボXなので、色を変える点では苦労していません。そう、シャーボXもイケメンで、これさえ持ってれば鉛筆と赤ペンになって、油性黒もささってるのでとっさの宅配とか書類も捌けるのがいいんです。人に渡すメモのために、LIFEのノーブル B7を何枚か千切って持ってるので、外で数学やるんでもない限りは十分戦えます。

それとは別で筆箱もステッドラーのロールなので、まあそれなりのものです。北星鉛筆の芯ホルダーと芯削り、PLUSのW AIR-IN、ステッドラーの925-35 07と925-35 20、ミドリのアルミ定規と三菱のスタイルフィットマイスター(回転式の三本入る子)、ハイユニ鉛筆 B。いずれ肥後守かオピネルでも入れるつもりですが、シャーボの時点でなんでもできるのに、道具箱全部持ってるみたいなもんです。しかも北星の芯ホルダーがかわいい成分まで発しているので、死角がありません。

数学で遊ぶために、無印とか、とにかく安いレポートパッドも持っていますが、これさえあれば紙面もそうそう尽きやしない。

日記帳というと少し違いますが、そういうつらつらははてブロがすっごい使いやすい。デザインもよければ編集画面も使いやすい。カンタンなのにカッコいいってズルい。もしブログにするほどでもなければツイッターがありますし。

 

さてここで冒頭に戻ります。最強のイケメントラベラーズくん、割って入る隙間がない。通帳ケースには勿体ないので、財布には使えるかもしれません。

トラベラーズはノート・スケジュールを筆頭とする紙類はもちろんのこと、ジッパーファイルで筆箱や財布にできたり、クラフトファイルで普通にファイルにできたり、とにかく万能がウリなのですが、ノートとして使いたい!しかもゴムつきで!ゴムついてるのが最高にイケメンだと思っているので、ゴムが鬱陶しくなる用途ばっかな己を絶賛恨んでいます。地味にレギュラーサイズはポケットにはむつかしいのが堪えます。

全部のことをそつなくこなせるすごいヤツでも、ひとつのことが極端に得意な子を山ほど連れてたら負けちゃうわけで、もはやカッコよさ全一以外のメリットを食ってしまったのです。このままじゃずっと机の上でニヨニヨするための子になってしまう!わたしだってスタイリッシュに使いこなして、スタバ行って見せびらかしたい!いやトラベラーズだけは『侍らせる』と言うべきイケメンなのだ!イケメンはべらせたい!男だが!

 

やろうと思ったアイディアは全部できる子なので、アイディアをふるいにかけても全部残ってしまう困った子です。とりあえずトラベラーズのアイテムは一通りそろえて、それからニーズに合わせて組み替えてトライしてみようかな。これボトムアップ式設計といいます。豆です。

というわけで、未だにトラベラーズ・チェリーボーイです。

 

そんな感じ。