【Splatoon2】スプラマニューバーがつよい

2楽しみですね。

前夜祭でマニューバー触ったのでその感想っぽいもの。

発売後の追記もあります。

f:id:yukk_laz:20170716133913j:plain

かわいい。

 

メインの性能について

メイン性能は、キル射程がライン2本、塗り射程がライン3本、ダメージは28.0で4確、ZAPと同様。

連写間隔もZAPと同じくらい、塗り精度はマニューバーが上で、キル精度は下です。

スライド後は連射がモデラー程度、精度がH3程度となります。

 

ちなみに、2ではわかばシューターやヒッセンでも実測では塗り射程3本、キル射程2本でスシやZAPと同じなので(なんででしょうね)、射程を比較する意味はあんまりないのですけれど。


スライドについて

基本性能

連続2回までインクを使ってバシュっと飛びます。使用後に硬直があり、その間連射・精度が向上します。1秒弱で硬直が解け、スライド・移動が可能になります。

硬直が解けた後も、移動の入力をしなければメイン性能を上げたままの状態となります。

空中でスライドで急降下し、移動方向も変えられます。

 

性能は加速力・距離に違いのある『スパッタリー』など、ブキごと変化するようです。

 

回避

スシコラ・ローラーと睨み合ってから一発で射程ギリギリくらい、二発で射程の外まで逃げられます。硬直で追いつかれる分離脱には少し手間がかかりますが、硬直時のメイン性能アップで迎え撃つスタイルでしょうか。

ハイプレ・ジェットパック・チャクチも回避できます。

 

攻撃

曲がり角や裏からスライド、メイン性能アップで畳みかけにも使えます。あまり褒められたものではないですが、相手の目の前でグリングリン立ち回るときにも使えます。

基本的には、スライド後の位置で当たるように構えてスライド、あとは微調整して当てるイメージです。エイム力はそこまで必要ないのですが、スライド慣れはかなり肝心。


スライド入力から0.5秒は撃てず、さらに硬直が乗るぶん特攻ぎみです。

ただ、シューターを越えるバケモノとなれるので、ハイリスクハイリターンといった具合でしょうか。

 

相手から見たスライド

f:id:yukk_laz:20170716160302p:plain

赤い星が相手です。

スライドしたとき、相手から遠ければ遠いほど小さく、近い程大きく移動しているように見えます。

1でもバリアの周りを雷神するのとかありましたが、それと同じ原理です。

こちらは使う前からどこに行くか分かっていますが、向こうは使ったあとで追いエイムする形になるぶん、強引に後手に持ち込めるという点も含めて覚えておくといいでしょう。

 

 

戦略について

基本戦略

メイン性能は弱めですが、スライドで戦況を攪乱しやすいのが特徴です。

とにかくスライドありきです。一気に距離を詰めて性能を上げて奇襲をかけるもよし、温存しておいて攪乱もよし、緊急離脱もよし。空中で使ってもよし。

 

ただ、スライドが使いづらい狭所や、スライドを使われないように死角をとられるでしょうから、死角のある場所からは少し離れたほうが吉です。

特に、高台で出待ちとかは向きません。狭くてスライドすると落っこちて位置バレするほか、地面に触っていないとメイン性能が上がらないためです。

また、スライド不使用では劣化シューターだということも覚えておいていいでしょう。

 

対シューター

スライドなしではメイン性能は劣化シューターなのでスライドを絡ませます。

スシ系はスライドで射程外まで距離を取れるので、それを有効に使っていきましょう。

 

特に閉所ではスライドしても行先が狭くエイムを合わせられやすいので、性能アップを狙いづらくなります。 

 

対マニューバー

スライドする側がエイムしやすく、またされづらくなるので、相手がスライドした後にスライドしてやると、相手の硬直を誘えます。

 

対ローラー

縦振りは横に、横振りは後ろにスラって回避すればスキを作れるので、塗り固めるとか近くにいくとかとにかく振らせればOKです。

ダイナモの横振りは射程・範囲とも強く、少し難しそうですが。

 

対チャージャー

シューターで処理するときとだいたい同じで、死角から近接に持ち込みます。

スライドを活用して、ボムやポシュポシュも避けていきましょう。

遠距離の場合、ただの的になりがちですから、物陰に隠れてスペシャルや味方に任せたほうがいいかもしれません。他の敵を倒すことで、味方に狙いやすくすることが対処というほうが近いでしょうか。

 

対ブラスター

シューターでの処理と同様、素早く背後から溶かします。

スライドでも爆風に巻き込まれやすく、まともに処理できるのは射程で勝っているか、背後を取るかです。

とにかく行けるかどうかの判断と、ダメそうならスライドで逃げる判断を行いましょう。

対スロッシャー

基本的にはローラーの縦振りと同様、横に回避します。

バケツ相手だと射程が足りず、ヒッセン相手だと横では回避しきれないので、少し苦手なブキ種になります。

特にヒッセンはチクチク対処する以外の手を知りません。おせーてください。

対スピナー

チャージャーと違い、近接でもやられる可能性が大きく、遠距離だと完全な的です。

物陰に逃げる目的でスライドを使うほうが多いかもしれません。

基本的には味方チャージャーか、スペシャルに頼ります。

 

マニューバー以外で対マニューバー

スライドを絡められて撃ち合いをコントロールされがちなので、有無を言わさず即対処できるとよいです。

 

開けた場所で、スライドの特性上フィールドに出ている時間が長めと、見つけやすいのを利用しましょう。

視界外から対処できる手段、特にチャージャーは、開所で見えている敵を倒しやすいので有効です。また、バレルは撃っているだけでスライドを制限しやすく、そのまま硬直を誘いやすいので有効です。

 

ボムを投げるだけでもスライドが誘え、ある程度行先を絞ることができます。

また、閉所やカベ・ガケ、狭い高所なら、スライドをある程度封じられます。

 

 

 

塗り、スライド、クイボと前線に居座られるとめんどくさい要素ばかりなので、今後の前線を張るポテンシャルもあると思われます。結構期待していいんじゃないでしょうか?

 

そんな感じです。