ゆっくり実況を手早く作る編集テクについての私見

ゆっくり実況、作ってますか?

わたしは作ってました。結構ブランクが開いていて、また最近ちょくちょく作業しています。

生声と比べて編集が面倒なので、効率化というか、簡単に編集できる方法をピックアップします。おまけで編集環境についても書きました。

細かい解説はしませんので、初心者の方は『VIPで初心者がゲーム実況するには』や『Youtube Creators Academy』などへどうぞ。

 

 

編集スタイルについて

編集は全体を・段階を踏んで

f:id:yukk_laz:20180302195617p:plain

なんか界隈で聞いた事があるのですが、カット・声入れ・字幕などの編集は、全体をまとめて、その工程ごとやるといいらしいです。カット工程で全体を作り、後で全体に声を入れ、全体の字幕を入れる……というように。

理由は知りません。全部の工程をまとめてやると、頭を何度も切り替えるので非効率とかそんなでは。

 

テープチェックをする

f:id:yukk_laz:20180302201311p:plain

撮れた動画を確認して、動画ファイルごとどんなネタを切り出すか書きます。動画ファイルの中身がわかるので、編集で動画選びに迷いません。こうした説明文を書いて並べれば、プロットにもなります。

録画したら早めにテープチェックをしましょう。録画ミスでも、ゲームが大きく進んでいないなら、撮り直せることもあります。何より、感じたことを覚えているので、生声実況と同じように、フレッシュな感想を動画に吹き込めます。

 

ちなみに、上の画像では、特に面白くなるだろう部分がセーシェル諸島マークがついています。面白いポイントの密度の調整をしています。

 

録画を分けよう

f:id:yukk_laz:20180302231603p:plain

ちょこちょこ区切って録画しましょう。動画ファイルは録画エラーが起こったり、長すぎて切り出すのが面倒になったりもしますし。ついでで上のプロットも書きやすくなります。一般的には、『編集点を作る』とか言うのではないでしょうか。

 

編集ファイルを分ける

f:id:yukk_laz:20180302195957p:plain

セリフの長さが後から決まるゆっくり実況では、素材の長さを変えると、後ろすべてのオブジェクトを一気に移動させる手間が生まれ易いです。そのため、編集ファイルをアバン・Aパート・Bパートと区切ると、手間が短くなります。

 

カットか倍速か

カットの濫用は、内容が飛び飛びになってわからなくなりやすいです。

わたしが扱っているマインクラフトは、単調な作業が多いので、今やっている作業の説明中は倍速、ひとしきり話し終わり次第カットという形でやっています。

 

素材について

BGM・SE・フォント・ゆっくり素材は少なく

f:id:yukk_laz:20180302192437p:plain

素材が少ないほど、権利表記が楽で、選ぶのに迷う回数・探す手間が減り、編集が高速化します。

ひとつのサウンドトラック・ひとつのサイトで決め打ち、フォントも権利表示がいらないものだけを5コくらい、ゆっくり素材も4-5個の表情だけでいいと思います。

特にアニメ・ゲームのサウンドトラックは、色々な雰囲気に合う曲がセットになっているのでおすすめです。

 

例外的に、デデドンとかほのぼの神社とか、ネタで使うBGMはあるだけいいです。後述。

 

ネタ帳を作る

f:id:yukk_laz:20180302194011p:plain

面白いなあという表現は、日ごろから集めるといいと思います。あればあるほど力になります。頭の容量よりも多く面白い引き出しが持てるので。ぼくは最近はじめました。

そういう意味で、ネタBGMもあるだけ力になるかなと思います。

 

それと、自分の動画に特徴を出すため、『ブンブンハローユーチューブ』的なネタを作ってメモしておくのもいいかもしれないですね。まあ、動画の特徴は喋りだけでなく、プレイしているモード・縛りや、プレイヤースキルなど、多岐にわたるので、無理にしゃべりで特徴を作らなくてもいいとは思うのですけれど。

 

 

ゆっくりについて

喋りが苦手なら掛け合いを

f:id:yukk_laz:20180302231348p:plain

一人を喋らせるだけよりも、二人を掛け合わせるほうが簡単です。霊夢のボケ・魔理沙のツッコミとかはスタンダードですね。ツッコミを視聴者に明け渡さないので、わかりづらいネタでも、わかる人が視聴してくれるのを待たず、的確にツッコみ表現できますし、ツッコみの分喋りが増えるので、動画をずっと喋らせることができます。

3人以上の動画がたまにありますが、あちこちで喋って忙しいので、きちんと役割を決めるとよいです。

 

ゆっくりはもはや東方ではない

f:id:yukk_laz:20180302230602j:plain

ゆっくりは知っているけど、東方って何? っていう人がそれなりにいます。マスタースパークの効果音とかを出しても何の反応も示されないことがありました。霊夢魔理沙でなければならない茶番は難しいと考えます。使わない方が安定択かと。

琴葉姉妹とか、ユカリチャンカワイイヤッター!のような、キャラクターの個性が使えないので、無個性の感があるのは否めません。

 

わたしは、ツッコむとかびっくりするとか、表情があるとわかりやすいので顔をつけています。魔理沙の『だぜ・のぜ』がキレが出しやすいのもあります。でも、現代ならボイロのほうがいいのかもしれませんね。きりたんとか、かわいいは正義

 

おまけ1 制作環境について

動画編集ソフトはAviutlかYMM

f:id:yukk_laz:20180302184937p:plain

基本的には、Aviutl+拡張編集+拡張ツールバーで。細かい編集をしないならゆっくりムービーメーカー(YMM)でもいいと思います。Adobe Premiereだとちょっと複雑。プロで映像の仕事がしたい人はチャレンジ。

拡張ツールバーなんぞや?と思う人もいるかもしれません。画像中央です。拡張編集は右クリックメニューがべらぼーに長い。これをスッキリさせ、作業の効率化に役立ってくれるものです。

 

ゆっくりソフトは一長一短

f:id:yukk_laz:20180302194403p:plain

YMMか、Yukktalkか、適宜出力できるソフトを作るといいです。

YMMはカットと声入れを同時にでき、Yukktalkは台本っぽくできます。ただ、編集していくと推敲したくなったり、全部一気に思いつかないとかある人は、自分でツールを作るか、手動で。

適宜出力って需要あると思うので、今度ソフト公開しますね。

 

おまけ2 エンコードについて

高画質なエンコード

f:id:yukk_laz:20180302192914p:plain

H.264は、preset veryslow・Hadamard ESAと言った重い設定よりも、preset fast・Uneven Multi-Hexagonの高速に仕上がる設定のほうが、画質が上がりやすいです。

高画質設定、たまに白いモヤがのっかったりするんですよね。エンコ職人だとまた違うのかな。

 

H.265は、Youtube・ニコニコともに非対応です(2018年3月現在)。かなしい。

 

音質について

f:id:yukk_laz:20180302190642p:plain

ニコニコは容量制限があるので、HE-AAC 80kbps、HE-AAC v2 48kbpsあたりで。

Youtubeは一定までビットレートを上げられますので、最大・推奨値のAC-LLC 384kbpsで。いずれもステレオの値です。

 

bpsにしたいならAC-LLC、低ければHE-AAC、極低ならHE-AAC v2が向いています。けど、どのへんのビットレートから高音質で低音質なのか。謎です。

 

 

まとめ

わたしは30数本動画を作った程度ですが、自分の知識をまとめさせていただきました。わたしは割と投稿間隔が長く開くので、よく注意すべきことを忘れるので、備忘録が必要だなと思ったので。

諸兄には「当然なのでは?」ということも書いてあるかと思います。最初に『ゆっくり実況は編集が面倒だ』と書きました。今回の記事はわたしの現時点の工夫なので、そうした諸兄には、足りないところをコメントして頂けたらと思います。

 

 

そんな感じです。